help bg

HSK(中国語検定)各レベル試験の概要

各HSK試験の概要について
戻る

HSK1級

HSK1級は、受験生の日常中国語の応用能力を判定するテストで、「国際漢語能力標準」の一級、「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEF)」のA1級に相当します。HSK1級の合格者は、簡単な中国語の単語と文を理解、使用することができ、簡単なコミュニケーションをすることができます。

I. 受験対象

HSK1級は、週に2~3回の授業を半年間(1学期)受講し、約150の常用単語と文法知識を持つ方を対象しています。

II. 試験内容

HSK1級の試験内容は、合計40問で、聞き取りと読解の2つに分けられます。

試験内容 問題数(問) 解答時間(分)
I. 聞き取り 第一部
第二部
第三部
第四部
5 20
5
5
5
約15
解答用紙に記入(聴力部分の答えを答案用紙に書き入れてください) 3
II. 読解 第一部
第二部
第三部
第四部
5 20
5
5
5
17
合計 /
40 約 35

試験時間は全部で約40分。(受験者の個人情報の記入時間5分を含む)

1. 聞き取り

第一部:計5問。各問題は2回ずつ放送されます。各問題は全て一つのフレーズで、試験問題用紙には写真が1枚用意されています。受験者は録音の内容を聞いて写真の内容と一致するかどうかを判断します。
第二部:計5問。問題文は2回ずつ放送されます。各問題は全て一つの文で、試験問題用紙には写真が3枚用意されています。受験者は録音の内容を聞いて3枚の写真から録音の内容に一致するものを選びます。
第三部:計5問。問題文は2回ずつ放送されます。各問題は一つの会話で、試験問題用紙には写真が何枚か用意されています。受験者は録音の内容と一致するものを選びます。
第四部:計5問。問題文は2回ずつ放送されます。各問題では、まず1人が話をします。次にもう1人がその話に対して質問し、その質問の答えとして3つの選択肢を言います。受験者は録音内容に一致する答えを選びます。

2. 読解

第一部:計5問。各問題には1枚の写真と1つの単語が用意されています。受験者はその写真の内容と単語の意味が一致するかどうかを判断します。
第二部:計5問。試験問題用紙に何枚かの写真があります。各問題に1つの文が用意されています。受験者は文の内容に一致するものを選びます。
第三部:計5問。この部分では5つの質問文と5つの答えが用意されます。質問文に対応する答えを選びます。
第四部:計5問。各問題には1つの文があり、その文の中に1つの空欄があります。受験者は用意されている選択肢から、適当なものを選んで空欄を埋めます。
試験問題用紙の試験問題にはピンインがついています。

III. 成績報告について

HSK1級の成績書には聞き取り試験の得点、読解試験の得点と総得点が明記されます。総得点120点が合格ラインです。

満点 得点
聞き取り 100
読解 100
総得点 200

HSK1級の成績は長期間有効です。但し、外国人留学生が、中国の大学に入学するための中国語能力証明とする場合、その有効期間は受験日から起算して2年間です。

HSK試験対策コース

HSK2級

HSK2級は、受験生の日常中国語の応用能力を判定するテストで、「国際漢語能力標準」の二級、「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEF)」のA2級に相当します。HSK2級の合格者は、身近な日常生活の話題について簡単で直接的なコミュニケーションができ、初級中国語の上レベルに達しています。

I. 受験対象

HSK2級は、主に週に2~3回の授業を2学期(1年間)受講し、約300の常用単語と文法知識を持つ方を対象としています。

II. 試験内容

HSK2級の試験内容は、合計60問で、聞き取りと読解の2つに分けられます。

試験内容 問題数(問) 解答時間(分)
I. 聞き取り 第一部
第二部
第三部
第四部
10 35
10
10
10
約25
解答用紙に記入(聴力部分の答えを答案用紙に書き入れてくださ) 3
II. 読解 第一部
第二部
第三部
第四部
5 25
5
5
10
22
合計 /
60 約 50

試験時間は全部で約55分。(受験者の個人情報の記入時間5分を含む)

1. 聞き取り

第一部:計10問。各問題は2回ずつ放送されます。各問題は一つの文で、試験問題用紙には写真が1枚用意されています。受験者は録音の内容を聞いて写真の内容と一致するかどうかを判断します。
第二部:計10問。各問題は2回ずつ放送されます。各問題は一つの会話で、試験問題用紙には何枚かの写真が用意されています。受験者は録音の内容と一致するものを選びます。
第三部:計10問。各問題は2回ずつ放送されます。各問題は2人の短い会話で、第三者が会話の内容に対して1つの質問を出します。試験問題用紙にはその質問に対する3つの選択肢が用意されています。受験者は録音の内容に基づいて3つの選択肢から正しい答えを選びます。
第四部:計5問。各問題は2回ずつ放送されます。各問題は2人のやや長い会話で、第三者は会話の内容から1つの質問を出します。試験問題用紙にはその質問に対する3つの選択肢が用意されています。受験者は録音の内容に基づいて3つの選択肢から正しい答えを選びます。

2. 読解

第一部:計5問。各問題には何枚かの写真と1つの文章が用意されます。受験者は文の意味に一致するものを選びます。
第二部:計5問。各問題には1つか2つの文章が用意されます。その文の中に1つの空欄があります。受験者は用意されている選択肢から、適当なものを選んで空欄を埋めます。
第三部:計5問。各問題には2つの文があります。受験者は2つの文の意味が一致するかどうかを判断します。
第四部:計10問。この部分では、20の文章が用意されています。受験者は文と文の対応関係を見出します。
試験問題用紙の試験問題にはピンインがついています。

III. 成績報告について

HSK2級の成績書には聞き取り試験の得点、読解試験の得点と総得点が明記されます。総得点120点が合格ラインです。

満点 得点
聞き取り 100
読解 100
総得点 200

HSK2級の成績は長期間有効です。但し、外国人留学生が、中国の大学に入学するための中国語能力証明とする場合、その有効期間は受験日から起算して2年間です。

HSK試験対策コース

HSK3級

HSK3級は、日常中国語の応用能力を判定するテストで、「国際漢語能力標準」の三級、「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEF)」のB1級に相当します。HSK三級の合格者は、中国語を使って、生活、学習、仕事等における基本的なコミュニケーションができます。中国旅行の時も、簡単な会話は中国語で対応することができます。

I. 受験対象

HSK3級は、主に週に2~3回の授業を3学期(1年間半)受講し、約600の常用単語と文法知識を持つ方を対象としています。

II. 試験内容

HSK3級の試験内容は、合計80問で、聞き取り、読解、記述の3つに分けられます。

試験内容 問題数(問) 解答時間(分)
I. 聞き取り 第一部
第二部
第三部
第四部
10 40
10
10
10
約35
解答用紙に記入(聴力部分の答えを答案用紙に書き入れてくださ) 5
II. 読解 第一部
第二部
第三部
10 30
10
10
30
III. 記述 第一部
第二部
5 10
5
15
合計 /
80 約 85

試験時間は全部で約90分。(受験者の個人情報の記入時間5分を含む)

1. 聞き取り

第一部:計10問。各問題は2回ずつ放送されます。各問題は一つの会話で、試験問題用紙には何枚かの写真が用意されています。受験者は録音の内容と一致する絵を選びます。
第二部:計10問。各問題は2回ずつ放送されます。各問題は、まず1人が話をします。もう1人の人がその話をもとに、1つの文章を言います。この文章はすでに試験問題用紙に書かれています。受験者はこの文章が正しいかどうかを判断します。
第三部:計10問。各問題は2回ずつ放送されます。各問題は2人による短い会話で、第三者は会話の内容に対して1つの質問を出します。試験問題用紙にはその質問に3つの選択肢が用意されています。受験者は録音の内容に基づき3つの選択肢から正しい答えを選びます。
第四部:計10問。各問題は2回ずつ放送されます。各問題は2人によるやや長い会話で、第三者は会話の内容から1つの質問を出します。試験問題用紙にはその質問に3つの選択肢が用意されています。受験者は録音の内容に基づいて3つの選択肢から正しいものを選びます。

2. 読解

第一部:計10問。この部分では、20の文章が用意されています。受験者は文と文の対応関係を見出します。
第二部:計10問。各問題には1つか2つの文章が用意されています。文の中に1つの空欄があります。受験者は提供されている選択肢から、適当な単語を1つ選んで空欄を埋めます。
第三部:計10問。各問題には一段落の文章と1つの質問があります。受験者は3つの選択肢から正しい答えを選びます。

3. 記述

第一部:計5問。各問題にはいくつかの中国語単語が用意されています。語順を並べ替えて正しい文を作ります。
第二部:計5問。各問題は空欄のある短い文章であります。受験者は文の意味を理解した上で、空欄に正確な漢字を書きます。

III. 成績報告について

HSK3級の成績書には聞き取り試験の得点、読解試験の得点、記述試験の得点と総得点が明記されます。総得点180点が合格ラインです。

満点 得点
聞き取り 100
読解 100
記述 100
総得点 300

HSK3級の成績は長期間有効です。但し、外国人留学生が、中国の大学に入学するための中国語能力証明とする場合、その有効期間は受験日から起算して2年間です。

HSK試験対策コース

HSK4級

HSK4級は、受験生の日常中国語の応用能力を判定するテストで、「国際漢語能力標準」の四級、「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEF)」のB2級に相当します。HSK4級の合格者は、幅広い範囲にわたる話題について、中国語でコミュニケーションすることができます。中国語を母語とする者と流暢に話すこともできます。

I. 受験対象

HSK4級は、主に週に2~4回の授業を4学期(2年間)受講し、1200ぐらいの常用単語を持つ方を対象としています。

II. 試験内容

HSK4級の試験内容は、合計100問で、聞き取り、読解、記述の3つに分けられます。

試験内容 問題数(問) 解答時間(分)
I. 聞き取り 第一部
第二部
第三部
10 45
15
20
約 30
解答用紙に記入(聴力部分の答えを答案用紙に書き入れてくださ) 5
II. 読解 第一部
第二部
第三部
10 40
10
20
40
III. 記述 第一部
第二部
10 15
5
25
合計 /
100 約100

試験時間は全部で約105分。(受験者の個人情報の記入時間5分を含む)

1. 聞き取り

第一部:10問。各問題は1回のみ放送されます。各問題は1人が短い話をします。もう1人がその話について、1つの文を言います。その文は既に試験問題用紙に書かれています。受験者はその文が正しいかどうかを判断します。
第二部:15問。各問題は1回のみ放送されます。各問題は2人による会話で、第三者は会話の内容に対して1つの質問を出します。試験問題用紙にはその質問に4つの選択肢が用意されています。受験者は録音の内容に基づいて4つの選択肢から正しいものを選びます。
第三部:20問。各問題は1回のみ放送されます。各問題は4~5の文による会話で、その会話によって1つの質問が出されます。試験問題用紙には各質問に4つの選択肢が用意されています。受験者は録音の内容に基づいて、4つの選択肢から正しいものを選びます。

2. 読解

第一部:10問。各問題には1つか2つの文が提供されます。文の中に1つの空欄があります。受験者は選択肢から、適当な単語を1つ選んで空欄を埋めます。
第二部:10問。各問題には3つの文があります。受験者は文の内容に基づき、3つの文を正しい順に並べ替えます。
第三部:20問。各問題には一段落の短い文章と1つの質問があります。受験者は4つの選択肢から、その質問に相応しい答えを選びます。

3. 記述

第一部:10問。各問題にはいくつかの中国語単語が用意されています。語順を並べ替えて正しい文を作ります。
第二部:5問。各問題には写真1枚と単語1つが提供されます。受験者はその写真をもとに、その単語を使って1つの文を作ります。

III. 成績報告について

HSK4級の成績書には聞き取り試験得点、読解試験の得点、記述試験の得点と総得点が明記されます。総得点180点が合格ラインです。

満点 得点
聞き取り 100
読解 100
記述 100
総得点 300

HSK4級の成績は長期間有効です。但し、外国人留学生が、中国の大学に入学するための中国語能力証明とする場合、その有効期間は受験日から起算して2年間です。

HSK試験対策コース

HSK5級

HSK5級は、受験生の日常中国語の応用能力を判定するテストで、「国際漢語能力標準」の五級、「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEF)」のC1級に相当します。HSK5級の合格者は、中国語の新聞や雑誌が読めるだけでなく、中国語の映画もテレビ番組も観賞できます。さらに、中国語でスピーチをすることもできます。

I. 受験対象

HSK5級は、主に週に2~4回の授業を2年間以上、受講し、2500ぐらいの常用単語を持つ方を対象としています。

II. 試験内容

HSK5級の試験内容は、合計100問で、聞き取り、読解、記述の3つに分けられます。

試験内容 問題数(問) 解答時間(分)
I. 聞き取り 第一部
第二部
20 45
25
約 30
解答用紙に記入(聴力部分の答えを答案用紙に書き入れてくださ) 5
II. 読解 第一部
第二部
第三部
15 45
10
20
45
III. 記述 第一部
Part II
8 10
2
40
合計 /
100 約 120

試験時間は全部で約125分。(受験者の個人情報の記入時間5分を含む)

1. 聞き取り

第一部:20問。各問題は1回のみ放送されます。各問題は2人による短い会話で、第三者は会話の内容に対して1つの質問を出します。試験問題用紙にはその質問に4つの選択肢が用意されています。受験者は録音の内容に基づいて4つの選択肢から適当なものを選びます。
第二部:25問。各問題は1回のみ放送されます。各問題は4~5の文による会話で、その会話によって1つか幾つかの質問が出されます。試験問題用紙には各質問に4つの選択肢が用意されています。受験者は録音の内容に基づいて、4つの選択肢から適当なものを選びます。

2. 読解試験

第一部:15問。各問題にはいくつの短い文章が用意されます。各文章にいくつの空欄があります。受験者は4つの選択肢(単語か語句)から、正しいものを1つ選んで空欄を埋めます。
第二部:10問。各問題には1つの短い文章と4つの選択肢が用意されます。受験者は文章の内容に一致するものを4つの選択肢から1つ選びます。
第三部:20問。この部分ではいくつかの文章が提供されます。それぞれの文章にいくつかの質問が設定されています。受験者は4つの選択肢から、その質問に正しい答えを選びます。

3. 記述

第一部:8問。各問題にはいくつかの中国語単語が用意されています。これらの単語を使って文を作ります。
第二部:2問。第1問はいくつかの中国語単語が用意され、それらの単語を使って80文字程度の短い文章を作ります。第2問は一枚の写真が用意され、その写真を参考に、80文字程度の短い文章を書きます。

III. 成績報告について

HSK5級の成績書には聞き取り試験得点、読解試験の得点、記述試験の得点と総得点が明記されます。

満点 得点
聞き取り 100
読解 100
記述 100
総得点 300

HSK5級の成績は長期間有効です。但し、外国人留学生が、中国の大学に入学するための中国語能力証明とする場合、その有効期間は受験日から起算して2年間です。

HSK試験対策コース

HSK6級

HSK6級は、受験生の日常中国語の応用能力を判定するテストで、「国際漢語能力標準」の五級、「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEF)」のC2級に相当します。HSK6級の合格者は、中国語の音声情報や文字情報を不自由なく理解することができます。しかも自分の意見や見解を流暢な中国語で、口頭または書面にて表現することができます。

I. 受験対象

HSK6級は、主に5,000かそれ以上の常用単語を習得した者を対象としています。

II. 試験内容

HSK6級の試験内容は、合計101問で、聞き取り、読解、記述の3つに分けられます。

試験内容 問題数(問) 解答時間(分)
I. 聞き取り 第一部
第二部
第三部
15 50
15
20
約 35
解答用紙に記入 5
II. 読解 第一部
第二部
第三部
第四部
10 50
10
10
20
50
III. 記述 作文
1
45
合計 /
101 ~135

試験時間は全部で約140分。受験者の個人情報の記入時間5分を含む

1. 聞き取り

第一部:15問。各問題は1回のみ放送されます。各問題は短い会話で、受験者は録音の内容に基づいて4つの選択肢から選びます。
第二部:15問。各問題は1回のみ放送されます。問題は3つのインタービュー内容です。各インタービューのあとに5つの質問が出されます。各質問の答えとして4つの選択肢が用意されています。受験者は録音の内容に基づいて4つの選択肢から正しいものを選びます。
第三部:20問。各問題は1回のみ放送されます。問題はいくつかの会話です。それぞれの会話の後にいくつかの質問が出されます。受験者は録音の内容に基づいて4つの選択肢から正しいものを選びます。

2. 読解

第一部:10問。各問題には4つの文があります。受験者はその中から1つ間違っている文を選びます。
第二部:10問。各問題には1つの短い文章が用意されます。その文章には3つ~5つの空欄があります。受験者は文の内容と文脈から、4つの選択肢から最も相応しい答えを選びます。
第三部:10問。2つの文章が提供されます。それぞれの文章に5つの空欄があります。空欄を埋める答えとして、各文章には5つの文が用意されています。受験者は文章の意味と文脈から、5つの選択肢から正しいものを選んで空欄を埋めます。
第四部:20問。いくつかの文章に、それぞれいくつかの質問が設定されます。各質問には、それぞれ4つの選択肢が用意されています。受験者はその4つの選択肢から正しいものを選びます。

3. 記述

受験者はまず1000文字程度の文章を10分間で読みます。それから35分以内で、その文章をまとめ、400文字程度の短い文章に仕上げます。その短い文章のタイトルは受験者がご自分で決めます。原文の内容を要約することが目的で、受験者自分の見解や意見を付加える必要はありません。

III. 成績報告について

HSK6級の成績書には聞き取り試験の得点、読解試験の得点、記述試験の得点と総得点が明記されます。

満点 得点
聞き取り 100
読解 100
記述 100
総得点 300

HSK6級の成績は長期間有効です。但し、外国人留学生が、中国の大学に入学するための中国語能力証明とする場合、その有効期間は受験日から起算して2年間です。

HSK試験対策コース

HSK7級

HSK 7では、以下が求められます

言語コミュニケーション能力:

リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングが十分できること。 初期のプロの通訳業務ができること。

比較的広範で高度なトピックについて、正式で、流暢で、まともな社会的交流ができること。

トピックとタスク:

社会的礼儀、科学と技術、文化と芸術、スポーツ、感情と愛情、専門的なカリキュラムなどのトピックについて会話できること。 関連するコミュニケーションを行うことができること。

たとえば、会議に出席するときに参加者とコミュニケーションをとることができる。

リスニングスキル: 7 級のトピックやタスクに関連する一般的な講義のスピーチや社会ニュースを理解できる (約 800 字の漢字)。 これらの語学教材の話す速度は、普通かやや速め。 環境の影響を取り除き、言語教材の主な事実と見解を理解できる必要があります。 スピーチやニュースの論理的な構成を理解し、関連する社会文化的内容を理解できること。

会話力:上級レベルの量的指標の音節、語彙、文法を習得していること。 関連する学年のトピックス表現やインタラクション課題を実施できること。 この段階で最初の段落表現ができること。 複雑な文章を柔軟に使って自分の意見を述べたり、議論したり議論したりできる。 話者の内容は、論理的思考と豊富な詳細を備えた、流暢な言葉と文章である必要がある。 生徒の発音はニュートラルなトーンで正確でなければならない。 学生は、コミュニケーションのために適切な言葉を使用し、実際の状況に応じて表現を調整することになる。 レトリックを使って話すことの感情を強化できることは、異文化間の相互コミュニケーションの意識を具現化することにもなる。

読解力:上級レベルの量的指標に関連する音節、漢字、漢字を認識して読むことができること。 上級レベルのトピックやタスクに関連するさまざまな種類の記事を読んで理解できること。 読む速度は、毎分 200 語以上であるべき。 記事の構成や内容を総合的に理解できるように、中国語の表現や考え方に習熟していることを前提としている。 また、文化的内容を十分に理解して、推論を導き出し、内容を要約することもできること。 また、必要な情報を主体的に探せる読解力も必要。

筆記能力:上級筆跡漢字表で要求される漢字の筆跡を習得できること。 実践的なエッセイ、解説的なエッセイ、議論的なエッセイ、かなりの長さの論文を書くことができるこよ。 記事には、明確な視点、レイアウト、適切な表現、標準的な形式、および通常の論理的思考が含まれている必要がある。 この段階の人は、作文でさまざまな種類のレトリックを使用できるはず。

通訳スキル:最初はプロの通訳業務をこなせること。 特定の学年に関連するトピックやタスクを翻訳でき、翻訳された作品は完全で正確でなければならない。 フォーマルな場で、同行時に逐次通訳・通訳ができること。 かなりの長さの実践エッセイ、解説エッセイ、論述エッセイなどを翻訳できること。 翻訳されたコンテンツは、適切な形式で元のコンテンツに従っている必要がある。

HSK試験対策コース

HSK8級

HSK 8では、以下が求められます。

言語コミュニケーション能力:

リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングのスキルを十分にできること。 基本的なプロの通訳業務ができること。

さまざまな高レベルの専門的なトピックについて、正式で、流暢で、まともな社会的交流ができること。

トピックとタスク:

言語と文学、経済と政治、法務、哲学と歴史などについて会話ができること。

例: 深い内容の会話を提供し、哲学、宗教、および時事問題のトピックについて議論することができる。 基本的なプロの通訳業務ができる。 自分自身を表現し、問題を提起し、意見の対立があった場合に苦情の理由を明らかにすることができる。

リスニングスキル: 8 級のトピックやタスクに関連する専門的な講義のスピーチやニュースを理解できる (約 800 字の漢字)。 これらの語学教材の話す速度は、普通かやや速め。 学生は、環境の影響やその他の障害を取り除き、言語資料の主な事実と見解を理解し、要約することができなければならない。 スピーチやニュースの論理的な構成を理解し、関連する社会的・文化的内容を理解できる。

会話力:上級レベルの量的指標の音節、語彙、文法を習得できる。 8級のトピックス表現やインタラクション課題を実施できる。 この段階で適切なパラグラフ表現ができるようになり、テクニックを柔軟に適用できる。 スピーチ、即興の会話、ディベートができる。 スピーチ中、自分の意見や考えを包括的かつまともな方法で表現できる。 話すときは、正しい発音、ニュートラルな口調、流暢な表現、強い論理で話す必要がある。 レトリックを使って話すことの感情を強化できることは、異文化間の相互コミュニケーションの能力を体現しています。

読解力:上級レベルの量的指標に関連する音節、漢字、漢字を認識して読むことができる。 上級レベルのトピックやタスクに関連するさまざまな種類の記事を読んで理解できる。 読む速度は、毎分 220 語以上であるべき。 学生は、中国語の表現と思考に堪能であること。 また、内容と関連する文化的意味を正確に理解するために、さまざまな読解力に習熟していなければならない。 記事に含まれる言語的および論理的な問題を見つけることができる。

筆記能力:上級筆跡漢字表で要求される漢字の筆跡を習得できる。 練習作文、解説作文、論述作文、かなりの長文の論文が書ける。 記事には、明確な視点、レイアウト、適切な表現、標準的な形式、および通常の論理的思考が含まれている必要がある。 この段階では、中国語のイディオム、スラング、およびさまざまな種類のレトリックを文章で使用できる。

通訳スキル:プロの通訳業務ができること。 この学年に関連するトピックとタスクを翻訳でき、翻訳された作品が完成し、正確である必要がある。 フォーマルな場面では、プロの内容で逐次翻訳・通訳ができる。 かなりの長さの実践エッセイ、解説エッセイ、論述エッセイなどを翻訳できる。 翻訳されたコンテンツは正確で、適切な形式で元のコンテンツに準拠している必要がある。

HSK試験対策コース

HSK9級

HSK 9 では、以下が求められる。

言語コミュニケーション能力:

リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングのスキルが十分にできる。 プロの通訳業務ができること。

様々な技術や技能を総合的に応用できること。 さまざまなシーンのさまざまな社会的トピックについて、正式で、流暢で、まともなコミュニケーションができる。

トピックとタスク:

学術研究、政策と規制、ビジネスと貿易、国際情勢などのトピックについて会話できること。

例:商談や討論に参加できる。 ポリシーや規制、調査レポートなど、正式なパターンや用語を含む文書を読んで理解することができる。 さらに、トピックについてまともなコメントをすることができる。

リスニングスキル: 9 級のトピックやタスクに関連する一般的な講義のスピーチや社会ニュースを理解できる (約 800 字の漢字)。 これらの語学教材の話す速度は、普通かやや速め。 関連する社会文化的意味合いを適切に理解するために必要な情報を分析し、結論付けることができる。

会話力:上級レベルの量的指標の音節、語彙、文法を習得できる。 9級に関連するトピックス表現やインタラクション課題を実施できる。 この段階で適切なパラグラフ表現ができるようになり、テクニックを柔軟に適用できるようになる。 学生は、自分の意見や考えを包括的かつまともな方法で表現できるはず。 話すときは、正しい発音、ニュートラルな口調、流暢な表現で話す必要がある。 レトリックを使って話すことの感情を強化できることは、異文化間の相互コミュニケーションの能力を体現している。

読解力:上級レベルの量的指標に関連する音節、漢字、漢字を認識して読むことができる。 あらゆる種類のトピックや形式に関連するさまざまな種類の記事を読んで理解できる。 読む速度は、毎分 240 語以上であるべき。 中国語の表現と思考に堪能であること。 また、内容と関連する文化的意味を正確に理解するために、さまざまな読解力に習熟していなければならない。

筆記能力:上級筆跡漢字表で要求される漢字の筆跡を習得できること。 学術論文やその他のエッセイを書くことができる。 記事には、明確な視点、レイアウト、適切な表現、標準的な形式、および強力な論理が必要。 この段階では、文章を文学的にするために、さまざまな複合文やさまざまな種類のレトリックを文章に適用できるはず。

通訳スキル:プロの通訳ができること。 この学年に関連するトピックとタスクを翻訳でき、翻訳された作品が完成し、正確である必要がある。 フォーマルな場面では、プロの内容を流暢な表現で同時通訳できること。 あらゆる種類のエッセイを翻訳できること。 翻訳されたコンテンツは流暢かつ正確で、適切な形式で元のコンテンツとスタイルに従っている必要がある。

HSK試験対策コース

さあ、あなたの
輝かしい未来に
踏み出しませんか?

お申込み

ジムの動画 留学体験記 「HSK5級 合格体験談」

既に7300人以上の学生が KEATSの卒業生

星河さん | 日本

マンツーマンレッスン+ボランティア

●レッスンの内容はどうでしたか?
授業は一週間だけでしたが、一日6時間ありました。非常に濃い内容だったので、一週間はとても満足できる内容でした。

●昆明の街はどうでしたか?
初めて、今回、昆明に来ましたが、昆明は麺線(中国のヌードル)が美味しい場所で、毎日食べ歩いていました。まだまだ美味しいお店がいっぱいあるので、また昆明に来て勉強して、美味しい麺線を食べたいと思っています。

▶をクリックして動画インタビューを、ぜひご覧ください。

Stew testimonial for keats chinese school

ステュー | イギリス

少人数グループクラス

場所は最高に良い。クラスでは良い人ばかりだったんで、出席するのが楽しかった。面白くて、たくさんのディスカッション、ゲーム、アクティビティをしました。私たちの先生もまた、とても良く、丁寧だった。初めて中国語を勉強するとき、わからないことばかりなので、臆病になる。でも、KEATSなら勉強する雰囲気も素晴らしいし、環境もリラックスできる。この学校はおススメできるよ。

Dr. Med. Beatrice | オーストリア

集中マンツーマンコース

私が昆明に行くことを決めたのは、小さい街や昆明の気候が好きだったからです。私は一日、4時間のレッスンを受けました。私の大好きな先生は、本当によく教えてくれて、忍耐強く私に接してくれました。本当にここでの経験は素晴らしく、みなさんにおススメできっます。ここの先生は教えることが大好きな人ばかりです。

リアム | イギリス

HSK試験対策コース

去年、私は大学で中国語を勉強しました。KEATSに来た理由は、現在、私はHSK5を受ける準備をしていて、KEATSが中国で中国語を学ぶならベストな学校の一つだと聞いたからです。ここに来て感じたのは、昆明は、住むにはすごく良い都市ということ、それと先生の教え方素晴らしいことです。本当にプロフェッショナルな先生だと思います。そして、言語環境も良いので、今、私はHSK5を受ける準備が整ったと感じています。

アリババ | アメリカ

集中マンツーマンコース

昆明は素晴らしい都市です。気候は良いし、学校も素晴らしい。先生たちはとても、フレンドリーで親切です。中国語を第二言語として学びたい人はKEATSを強く勧めるよ。他のところより、よほど良い。

 

森田ファミリー |

子供向け中国語コース

【子供達の感想】私たちは、とても素晴らしい経験ができました。私達は昆明とKEATSが大好きです。
【お母様の感想】私の子供は少し恥ずかしがり屋です。なので少し心配でしたが、先生がいつも笑顔で話してくれたので、子供も少しずつ馴染んでいきました。

※ ▶をクリックして動画インタビューをぜひご覧ください。

 

Sylvia tetimonial for keats chinese school

シルビア | アメリカ

集中マンツーマンコース

一つ、私の本当に良かった部分は、先生と一緒に学習計画を作り、実行できたことでした。もう一つ本当に好きだったことは、学校に住めること。すごく安心感があります。週末などでも誰かしら、グループで行動できる人がいますし。また、KEATSは朝・昼・晩と3食、提供してくれます。それがまた、すごく美味しいです。

 

Sarah testimonial for keats chinese school

サラ | アメリカ

子供向け中国語コース

私の名前はサラ・フィッシュ、81歳です。KEATSに到着した時の私の中国語力は、ほとんどありませんでした。なので、「どうやって、2週間の集中マンツーマンレッスンを乗り切ろうか?」と心配になったものです。でも、とても素晴らしい経験を積むことができました!心から、もう少し滞在できたらと思います。先生達は、とても教えることに前向きで、最初はどれくらいの中国語力があるかを判断してから、その人に合った方法で教えてくれます。

Please use vertical scrolling on your mobile device.